110の王 -the king of 110-

アラフィフちょいデブおやじが110叩かないよう自らを戒めるブログ

あしたのために その2

100ヤードの鬼を目指して、平日は家でパタ練、休日は(行ける日は平日もね)うちっぱでアプローチ練をすることにいたしましたが…

この土日もうちっぱで各日150球ほどひたすらアプローチの練習してきましたよ

パタ練も含めて、気付いたことなどなど

【パター・アプローチ共通】
少し球から離れてアドレスして、懐を大きく
→スイング中懐の大きさを変えないようにして、アドレスのときの地面とシャフトの角度をかえないようにバックスイングからフォロースルー

切り返しから腕でクラブを振りがち
→バックスイングと同じようにダウンスイングからフォロースルーまで軸を中心にした体の回転を意識する

アドレスでピン、カップを何気に見てると、目標より右側に向きがち
→アドレスでピン、カップを見るときはピン、カップまでの距離の確認+肩の向きがボールと目標を結んだ線と平行になっているかを確認する


今日お昼からはアースモンダミンカップの中継を見てましたが、鈴木 愛さん強し(優勝おめでとうございます

あんなパッティングが少しでもできるように頑張るぞぉ
スポンサーサイト
100ヤードの鬼 | コメント:0 |

初 整形外科

今日は午前中予定がなかったので、日本女子アマでも見に行こうかと

朝、「昨日の結果はどうだったかな?」といつものGDOニュースを見てみると、新垣比菜さんが5打差で決勝へ

「ふむふむ」と並んでいる別の記事を見てみると、大山志保さんがケガに苦しんでるぅ

記事によれば、『2006年の賞金女王で、先月40歳を迎えた大山志保がケガに苦しんでいる。今季6試合目の出場だった4月の「フジサンケイレディス」から2カ月間の欠場を強いられたが、今週ようやく復帰した。』とのこと

確かに最近 試合で見てなかったような気が…

更に読んでいくと、『本来ならば5週間程度の安静で完治すると言われているが、痛みの発症次第で練習したりしなかったりを繰り返したため、完治までの期間が長引いているという。』

これを読んで、「そういえば自分の左腕のケガも転んでから3か月近く痛みがとれてない   もしかして、医者に行かないことで完治が長引いてる?」と段々不安に

「この空いた時間を目先のゴルフ観戦に使うのか?」「1日もはやく楽しくゴルフをプレーするために使うのか?」と考えて…    医者に行くことに決定いたしました(医者嫌いで「そのうち治る」と考えて、いままで医者に行ってなかったんですよねぇ

ということで、人生初めての整形外科に行って、レントゲンをとってみてもらうと…    「骨にヒビが入っています

「ただ、すでに骨はくっついていて、いま痛いのは、動かさないうちに筋肉が固まってしまっていて動きが悪くなっているから」とのこと

「動きがよくなるように痛くても左腕を動かしてください」 ということで、筋肉がほぐれるように、筋肉を温める電気治療をして診察が終了いたしました

そりゃ、クラブも中々振れなかったわけだぁ

クラブを振っていると痛みが悪化するんじゃ、といままでドキドキでしたが、痛くても動かした方がよいなら、これからもっと練習バンバンしないとぉ

あと、これからはケガしたら早く医者に行くことにします


未分類 | コメント:2 |

日本女子アマチュアゴルフ選手権競技

GDOさんのニュースを見てみると、『日本女子アマで新垣比菜さんが単独首位発進』の記事が

ほぉー、ということで記事を読み進めていくと、なんと奈良国際ゴルフ倶楽部で開催されているとのこと(だから今週号の週刊ゴルフダイジェスト 「オーイ! とんぼ」 の中で、日本女子アマの開催コースが奈良国際GCになってたのかな?

こちらのゴルフ場、難波から電車で20分ほどの学園前駅からすぐの住宅街のど真ん中にあるゴルフ場(関西ローカルな話題ですいません)で、遠い昔(20年近く前かなぁ)、仕事で何度か伺ったことがあり、(勝手に)親近感はあるのですが、なんせ超名門ゴルフ場でプレーするチャンスもないまま時間が過ぎてしまっておりました

「これって観戦できるの?」とJGAのHPを見てみると…   観戦可しかも無料とのこと

出場予定選手を見てみると、初日首位の新垣比菜さんや、川本結さん、山口すず夏さんなどなど プロのトーナメントで見かける選手もちらほらと

「日本女子アマ」って名称は知ってるけれども、日本で1番の女子のアマチュア選手を決めるというくらいの認識で、どんな大会なのかはあまりよく知りません

ということで、「どんな人が優勝してるの?」と、歴代優勝者を見てみると、
2015年 勝みなみ
2014年 蛭田みな美
2013年 森田遥
2012、2011年 比嘉真美子
2010年 酒井美紀
2009年 藤本麻子
2005年 諸見里しのぶ
2004年 宮里美香
2003年 宮里藍
 ・
 ・
 ・
現在プロで活躍しているそうそうたる面々がぁ(勝みなみさんはプロは来年からかな

ということは、ここで活躍した選手に注目していれば、将来のスターを青田買いできるかも

天気予報では今日は雨模様のようですが、明日には雨もあがりそうなので、行けそうならちょっと見に行きたいなぁ
ツアー観戦 | コメント:0 |

あしたのために その1

100ヤードの鬼を目指すと宣言して、練習を再開しましたが…   前途多難な予感がプンプンとしております

思い通りの球は中々打ててませんが、そんな中でも練習の中で色々感じるところがありますので、これからしばらくはそんなあれこれを書き残しておこうかと


【パター】
無意識に打つと、右手でパターを振ってしまう
→右肩が前に出て、軌道がアウトサイドインになり、フェースも閉じて球が目標より左に行きがち
スイング中 右肩を前に出さない   スタンスと平行にストローク


【アプローチ】
左サイドでリード、右手主導 どちらがいいのか???
体の前で両手均等が自分にはよいみたい

クラブを振ろうとして、軌道がアウトサイドインに
→クラブを振る意識はいらない  体の前にクラブを固定して、体の回転で球を打つべし
   and   バックスイングで体を右に向けた状態のままスイングするくらいでOK

スイングの途中でコックがほどけてダフリがち
スイング中は左手とシャフトの角度を維持すべし  左手の小指、薬指でグリップをしっかり握る









100ヤードの鬼 | コメント:0 |

100ヤードの鬼

宮里藍ちゃんのプレーを観戦して、久々にラウンドもして、仕事の繁忙期も終わり、自分の中のゴルフ熱が高まってきております、が

左腕のケガが癒えるまでにはまだしばらくかかりそうで、力をいれたスイングはできず、腰から腰までクラブを振るのが目いっぱい

ならば、いまできることをやろうということで、左腕のケガが癒えるまでは100ヤードの鬼になることをモチベーションに練習を再開しようかと思います

たいそうな言い方をしてしまいましたが、100ヤード位なら今のスイングでも何とかコントロールしてボールを飛ばせるので、具体的には100ヤード以内から常に3打以内でホールアウトできるようになるために練習しようかと

100ヤードから常に3打以内ということは…   1オン2パット、2オン1パットを目指すということ(1打でカップイン、3打目をチップインもありますが、現実的ではないですよね

そのためには、
① アプローチの精度を上げる
② ショートパットを確実に沈める

②については、家でのパットの練習は以前もしていたので、それを再開するだけなのですが、①についてはどんな練習をしようかと

過去を振り返ると、特にアプローチを集中的に練習した記憶がございません

皆さんのブログ等を色々見てみましたが、10ヤード、20ヤード、30ヤードと目標を決めてそれぞれ打ち分けていくことを繰り返すのがまずはよろしそう

ということで、しばらくはショートアイアンとウェッジでだけもってうちっぱ通いに励みます
100ヤードの鬼 | コメント:2 |

三木よかわカントリークラブ 中→西コース

4月に転んで左腕を痛めてからゴルフを控えておりますが、ケガから2か月が経ち日常生活の中では服を脱ぎ着する際と背中を掻く以外では痛みもあまり感じなくなってきており、「そろそろいいか」ということで(金曜日に藍ちゃん見に行って、自分の中のゴルフ熱も少し高まってきたのかな)、この前の日曜日に三木よかわカントリークラブ 中→西コースでラウンドしてきました

1か月前のGWにラウンドした際は、腕が痛くてクラブを体の正面に固定して体を回転させてボールを打っていましたが、果たしてどの程度回復したのか?   久しく練習もしていないので、期待と不安が入り混じったラウンドの結果は

中 53(16パット OB×0) + 西 51(17パット OB×3) = 104(白ティ 33パット OB×3)

なんとか最後までラウンドできましたが…    クラブを振れるほどにはまだ左腕は治っておりませんでした

ラウンド前に左腕が痛くなっては仕方がないので、パットの練習だけしてスタートホールの中1番のティグラウンドに立ち、バックスイングを始めると…   左腕を伸ばしたまま腕を上げようとすると「左肩から左腕にかけて痛い

腰から上に手が上がらず、肘をまげてクラブを上げて何とかティショット   腰から腰までは何とかクラブを振れるので、1か月前のGWラウンドに比べれば少しはボール飛んだかな?といった感じ

ボールが上がらず、ドライバーを使って200ヤードも飛ばないので、距離のある中3番ショートでは屈辱のショートホールでドライバーを使わざるを得ず、そしてそれでもグリーンに届かず(このホール右グリーンなら大した距離はないのですが、当日使ってた左グリーンでは200ヤード近く距離があるんですよねぇ)

しかも当日は理事長杯の決勝 1、2回戦が行われていたようで、グリーンが9.7フィートと早くグリーンに乗ってもファーストパットでなかなかカップに寄せれません

ただ、距離が出ないのでOBも出ず、何とか53打で前半終了

後半も似たような感じでしたが、慣れてくると次第に少しは左腕を伸ばせるようになってきて、少しボールも上がるようにはなってきて…  距離が出る分OBも出るように

早いグリーンにも慣れてきて、パーを2ホールとることもできて51打で後半終了

フルスイングができるようになるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、とりあえず腰から腰まではクラブを振ることはできそうなので、まずはアプローチから練習再開しよ(プレー中理事長杯の選手の方の通過待ちをしましたが、やっぱりアプローチがお上手   スコアをまとめるにはグリーン回りの無駄な打数減らさないとね
ラウンド | コメント:0 |

サントリーレディスオープン

先週末、兵庫県の六甲国際ゴルフ倶楽部で開催されたサントリーレディスオープン

宮里藍さんの国内最終戦になるかも? ということで、俄然注目を集めましたが…    金曜日仕事を休みにして観戦してきましたぁ

まさかの前売り券が完売で、「入場制限もあるかも」ということで、8時過ぎには駐車場に着いたのですが、すでに車がいっぱい

ゴルフ場へのピストンバス乗り場も沢山の人が並んでいて「まさか当日券も売り切れてるのでは」とドキドキしましたが、無事入場できました(帰ってニュースを見たら、その後当日券の販売はストップしたみたい

ゴルフ場に入場したのが8時半頃でしたが、宮里藍さんのスタートは12時24分、ということは「これから4時間何しよう」、ということで当日のペアリング表を見てみると…   午前スタートと午後スタートの差がありすぎ

「見てみたいなぁ」と思う人たちはほぼ午後スタートになっておりました

その中でも、「この組みてみよう」と思わせたのが、「葭葉ルミ。比嘉真美子、原江里菜」「藤田光里、松森彩夏、諸見里しのぶ」組

すでにスタートしていたので、プレー中のホールまで移動して数ホール観戦しましたが、噂通り葭葉ルミさんの飛距離がすごいことになってる

私が観たホールでは同組の原江里菜さんを50ヤード近くオーバードライブしてました(同組の比嘉真美子さんも飛ばし屋さんで有名ですが、ドライバーを使っておりませんでした   それでも原さんと同じくらいは飛んでましたが

ただ「このままついていったら、午前中に疲れてしまって、お目当ての宮里藍さんが見れなくなる」ということで、木陰でしばし休憩

ゴルフ場で飲み物買うとお高いイメージですが、やっぱりサントリ-主催ということで、サントリー製品がゴルフ場では買い求めやすいお値段で売ってました(金麦を200円で買ってほっと一息)

宮里藍さんのスタート時間も近づいてきたので、パッティンググリーンに行ってみると…  藍ちゃん発見(高校生でプロツアー優勝した時から見てるからなのか、すでに素敵な大人の女性になられていますが、やっぱり「藍ちゃん」なんですよねぇ  そういえば、グリーンの横で藍ちゃんのお父さんも練習を見守ってましたよ

グリーン上には同組の上田桃子さんや、イ・ボミさん、キム・ハヌルさん等々有名な方々がいっぱいいましたが、やっぱり皆さんの注目は藍ちゃんでしたねぇ

それにしても、パッティングってグリップからアドレス、ストロークまで皆さん人それぞれですが、皆さん共通なのがストロークの間中、腰から下が全く動かない   勉強させていただきました

パッティング練習を見た後、1Hのティグラウンドに移動するとすでに人がいっぱい   ちょうど2組前のイ・ボミさんの組のティショット前だったので、「イ・ボミさん達のティショットが終わって、人が移動したらもう少し前で見れるかな」と考えながらティショットが終わると…   全然人が移動しない   1組前のキム・ハヌルさん達のティショットが終わっても人が増えるばかりで、全く移動なし

ということで、藍ちゃんのティショット時点ではティグランドの周辺がすごいことになってました

背伸びしながらティショットを見て、同組の皆が打ち終わると民族大移動

そこから5ホールついて回りましたが、とにかく人、人、人

なんとか藍ちゃんのプレーしてる雰囲気を目に焼き付けてきました   ゆったりしたスイングに、背筋を伸ばしてしっかり前を向いて歩く姿   もう見れないと思うとやっぱり寂しい

この日はショットの調子が悪そうで、ティショットをラフから打つことも多く、グリーンを狙ったショットもピンに寄らないので、バーディを取れそうな感じが全くしない

それでも大きくスコアを崩すことはないので、国内のシードを確保するくらいはまだできそうですが、それじゃダメなんでしょうねぇ

あとは後続の組を観たりしてゴルフ場を後にしました

土日もTVで観戦しましたが、サントリーレディスの中継というよりは、藍ちゃん祭り   中継の大半が藍ちゃんのプレーで、他の人のプレーは…   でもそれだけの人ってことなんでしょう

あとは米国にもどって、最後のシーズン 米国女子ツアーのメジャー優勝を目指すということなので、最後まで応援したいと思います   中学生の頃からの夢だった「全米女子オープン優勝」をかなえるため米国に渡ったとのことでしたので、最後の最後に夢がかないますように  藍ちゃん頑張れぇ
ツアー観戦 | コメント:0 |
| ホーム |