110の王 -the king of 110-

アラフィフちょいデブおやじが110叩かないよう自らを戒めるブログ

妙見富士カントリークラブ

土曜日は妙見富士カントリークラブでラウンドでした

朝早くのスタートで、スタート時点の気温はかなり低かったですが 、お天気がよかったこともあって ホールが進んでくるとちょっと汗ばむくらいに    春ももうすぐかな

そんなお天気に恵まれたラウンドの結果は

In 51(15パット OB×2 池×1) + Out 44(16パット OB×1) = 95(黄ティ(レギュラーティ) 31パット OB×1 池×1)

何とか90台を死守できました

ただ…    只今練習しているクラブを立てて下すスイングは全くできず

素振りではやってみるのですが、いざ芝の上でボールを前にするとトップ、ダフリのイメージが頭をよぎって。つい以前の感じで打ってしまうんですよねぇ

いいイメージでボールの前に立てるよう、もっと練習しないと

あと、ここ数ラウンド、後半のスコアはいいのですが、前半がパッとしない

何故なのか自分なりに考えてみたのですが、前半は乱れた体の動きを調整するのに終始してボールは右に左にと飛んでいくけど、後半は調整済みの動きで終始プレーして、ボールの方向も安定、といった感じかなぁ

でも、ラウンド前に打つ練習をしてもそんな感じなので、「なんでかなぁ? 」と更に考えると…    最近はちょくちょくうちっぱにも行って、ラウンド開始時点では「今日はいいスコアだすぞぉ 」と、よく言えば気合が入っているのですが、悪く言えば浮足立っている感じ

前半は浮足立ってバタバタして、前半の結果をみて、後半は「何とかしないと」と集中してプレーしているような気が…    気合を入れて臨むことも大事ですが、次は前半からなんとか落ち着いてラウンドに臨んでみよ





スポンサーサイト
ラウンド | コメント:2 |

よみうりゴルフウエストコース

土曜日はよみうりゴルフウエストコースでラウンドでした

こちらのゴルフ場過去に行ったことがあるはずなのですが、かなり前のことなのでプレーの記録を調べてみると…   4年ぶり

初めてと変わりない状態なので少しゴルフ場のことを調べてみると、『当コースは1962年の開場以来、大阪・神戸の都心からのアクセスに恵まれ「よみうりパブリックコース」として多くのゴルファーに親しまれてきました。2006年7月、全ホールを1グリーン化、「よみうりゴルフウエストコース」として生まれ変わりました。2008年には男子プロツアー「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」の舞台にもなりました。 屈指のパブリックコースとして日本パブリックゴルフ協会主催・パブリック選手権シニア選手権などの会場に何度も選ばれています。   コース設計者 上田治氏   (HPより)』

ふむふむ   パブリックだったけど、トーナメントに使われたりした いいコースなのね

しかも、こちらのゴルフ場はレギュラーティ(青ティ 6,451ヤード)までは申請なしで回れるとのことなので、当然青ティを選択してスタート

果たして結果は

In 50(20パット OB×1) + Out 44(18パット OB×0) = 94(青ティ 38パット OB×1)

ふぅ   100を切ることはできました

それにしても今日は疲れたぁ

青ティで距離がそこそこあったのもあるのでしょうが、やっぱりトーナメントで使われるくらいだけあって、とにかく気が抜けない

ほぼコースの両サイドはOBなのですが、両サイドのどちらかでも受けてる感じのホールがあまりなく、左右に曲げればまずOBなので、ティショットはとにかく曲げないように気を使ってスイング

セカンド以降は上ってたり、下ってたりのホールが多く、グリーンの前には大きなガードバンカーが待っていて、所々で池もあったりして、簡単にパーオンは狙わせてくれません

そして、極めつけはグリーン   いつもなのかはわかりませんが、ピンの位置が結構キビシイ   あんなに大きなグリーンなのに、グリーンの端の、しかもバンカー越しやバンカーのすぐそばになる位置にカップが切ってあることが多かったような気が…   スピードも確か「9フィート」と表示してあったと思うのですが(記憶があいまいなので違うかもしれません)、何だかよく転がってく   スタートからしばらくは全くタッチが合わず、最初の3ホールのパット数が「9」   結局、終始カップまで半分くらいの距離を打つつもりで打って丁度くらいな感じでした(いつものグリーンは何だったの?

18ホール気を使い続けたラウンドでしたが、もしかして普段が気を使わなさすぎなのかも   もっとラウンド中気を使いながらプレーするようにしないと
ラウンド | コメント:0 |

三木よかわカントリークラブ

今年1番の寒波ということでしたが(この冬何度目の「今年1番」?)、昨日は何とか雪も降らず三木よかわカントリークラブ 東→中コースでラウンドしてきました

今回のラウンドでは、練習し始めたクラブを立てたままダウンスイングが芝の上ではどんなものかを試してみましたが、その結果は

東 50(18パット OB×0 池×1) + 中 44(14パット OB×0) = 94(白ティ 32パット OB×0 池×1)

100はきれましたぁ

ただ…   クラブを立てたままダウンスイングは全く上手くいかず

うちっぱでは、ダウンスイングからフォローまで常に左手が下、右手が上の状態で、インパクトで右手が左手を追い越していく感じがしたのですが、実際芝の上でやってみるとそんな感じが全くしません

特にドライバーが酷くて、いい当たりが全くといっていいほどなし (唯一のいい当たりは最終中9番のロングくらいでしたが、それまでの17ホールが全くダメだったので、以前と同じように振ってみたらいい当たりでした

『OB×0』も、単にいい当たりがなく、左や右に飛んでいっても大した距離も出ないので、コースの広さにも助けられてOBにならなかっただけ

毎ホール 『ティショット× ⇒ グリーンまでの距離がたくさん残ってるのでグリーン手前に刻む ⇒ アプローチでグリーンに乗せる(今日はこのアプローチの調子がよかったので、スコアが大崩れするることがあまりありませんでした) ⇒ 2パットでカップイン』 を目指す、何とか大叩きしないよう我慢をし続けたラウンドになってしまいました

唯一よかったのが最終 中9番ロングで、 『ティショットがナイスショット ⇒ セカンドの4Wもナイスショット ⇒ ピンまで50~60ヤードのアプローチがカップから4、5mのところにナイスオン(これが本日唯一のパーオンでした) ⇒ 1パットで沈めてバーディ』 

これは本当に気持ちよかったぁ 

終わりよければすべてよし、と言いたいところですが、やろうとしたことが全くできなかったので(まあ練習し始めてそんなすぐに本番ではできないですよねぇ)、冬の間クラブを立てたままダウンスイングの練習を続けて、春には少しはうちっぱでできたことを芝の上でも再現できるよう頑張らないと
ラウンド | コメント:2 |

練習

今週は珍しく平日の夜に2日続けてうちっぱへ

実は火曜日、水曜日と出張していたのですが、移動の電車の中で読んだ雑誌で読んだ「切り返しからダウンスイングの時に、グリップの端を地面に向けてクラブを下す(要はクラブを立てて下す)」という記事が何となく気になって(同じような記事はよく目にしていましたが、何故この時は気になったんだろう?)、試してみようと出張から帰ってきた午後9時過ぎからうちっぱへと出動いたしました

営業終了が10時半なので、練習前のストレッチもそこそこに練習開始   バックスイングでコックを使ってクラブを立てて、切り返しからクラブを立てたまま下してみると…   何だかいい感じ   当たりが強くなって、飛距離が出てる   

体がどう動いているのかはまだよくわかりませんが、スイング中終始左腕が下、右腕が上の感覚が保たれて、クラブがうまく返っているような気が

ただ、下半身主導でクラブが下せないと、右肩が突っ込んでおもいきりひっかけてボールが左に飛んでいってしまいます

今までにない感じなので、この感じを維持すべく2日続けてうちっぱで練習したのですが中々難しい   意識してないとすぐ上体でボールを打ちに行く癖がでてしまうので、身につくまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、しばらくは今のスイングを練習してみようかと思います。

明日は雪さえ降らなければラウンド予定なので、芝の上でどんな感じになるのか早速試してきます

どうか明日は雪が降りませんように


うちっぱ | コメント:0 |

神戸パインウッズゴルフクラブ

土曜日は神戸パインウッズゴルフクラブでラウンド

こちらのゴルフ場は今年で2回目なのですが、中国自動車道の三田ICからすぐと便利がよく、暖かくなるとお高くなって中々行けません   ただ、、寒いこの時期なら早いスタートを選べばお手頃プランもありますので、こんなときじゃないと行けないゴルフ場を選んでラウンドとなりました

この日いいお天気で風もなく、後半はポカポカ陽気の中でのラウンドでしたが(いいお天気でも7時台のスタートだと前半は寒いです)、その結果は

Out 53(22パット OB×1) + In 49(20パット OB×1 1ペナ×1) = 102(白ティ 42パット OB×2 1ペナ×1)

100切りならず   パットで42打もしてたら致し方なしかぁ

お正月で気が緩んで、そのまま緩みっぱなしの1月でしたので、パットの練習もサボっておりましたが…   練習って嘘つかないのね  2月からは気を引き締めて練習しないと

あと、最近頭を悩ましていた飛距離激落ち問題に光明が

このところドライバーは打感の良さが気持ちよくダンロップXXIO8を使っていたのですが、今回は久しぶりにタイトリスト915D2を持参   朝ドライバーを振ってみると「重い」   いままでの感じでは振りきれないので、力を入れて振らざるを得ないのですが…   「何か飛んでる

この冬はスイングを見直すために、ハーフスイングを続けておりますが、ボールに上手く当てることばかりに気が向いて、体に力を入れずにスイングしていたような気が

スイングの形も重要ですが、やっぱり体に力を入れて振らないとボールは飛ばないのね(腕に力を入れてはいけませんよぉ)

体に力を入れれば飛距離が戻るのか、練習で試してみまぁす


ラウンド | コメント:2 |
| ホーム |